• トップ >
  • 認証工場と代行業者の違い

認証工場と代行業者の違い

⾃動⾞の特定整備※には、⾼度な知識・技術と整備のための設備が必要であり、国の定める基準(⾃動⾞整備⼠・作業スペース・機械⼯具など)を満たし、認証を受けた整備工場です。認証を受けた整備工場には、黄色又は緑色の「認証標識」が掲げられています。

※令和2年4月の改正道路運送車両法の施行により、国の認証が必要な整備事業の範囲が、従来の各装置(原動機動力、伝達装置、走行装置、操縦装置、緩衝装置、連結装置、制動装置及び連結装置)に加えて、自動運行装置及び自動ブレーキ、レーンキープ機能に係るカメラ、レーダー等の作動に影響を及ぼすおそれがある整備作業等にまで拡大され、その名称が「分解整備」から「特定整備」に改められました。

自動車特定整備事業認証看板 自動車特定整備事業認証看板 認証工場はこの看板が目印です。

車検の基礎知識や、認証(指定)工場と代行車検の違いなどをマンガでご覧いただけます

認証(指定)工場と代行車検の違いは?

自動車の保管管理責任は、ユーザー自身にあり、日常点検と定期点検の実施が義務づけられています。あなたの大切なおクルマと、ご家族の安全を守るためにも、認証(指定)工場での点検・整備付き車検をおすすめします。

  • 認証(指定)工場と代行車検の違いは?フロー図1
  • 認証(指定)工場と代行車検の違いは?フロー図2
  • 認証(指定)工場と代行車検の違いは?フロー図3
  • 認証(指定)工場と代行車検の違いは?フロー図1
  • 認証(指定)工場と代行車検の違いは?フロー図2
  • 認証(指定)工場と代行車検の違いは?フロー図3

鈴木さんと佐藤くんの もっと!知って納得!安心車検!

自動車検査証の備考欄編

Page Top